保険無料相談で謝礼がもらえるお得モニター!

 独身の場合、料金の安い医療保険+貯蓄のできる保険がベスト

独身の男女であれば、まだ家庭はなく子供いないため自分以外の誰かのための保障は必要ないと言える。
また、大きな病気にかかる可能性も低い年代であることから料金はなるべく抑え、この年代がかかりやすい病気をカバーしている
医療保険を選ぶことが大切だ。
また、医療保険を安く抑える分、将来に備えて貯蓄型の保険を検討することもおすすめさせて頂きたい。
おそらく今後、結婚や住宅購入をする方が大半だと思われるため、その時になって資金がない!という事にならないよう
今からしっかり準備を始めよう。

 

保険選びのポイント

  1. 医療保険は費用を抑え、7大生活習慣病をカバーできるかがポイント
  2. 医療保険を安くした分、終身保険で自分の「資産」を作ろう
  3. がんになるリスクに備えて1時金が充実している商品を選ぼう

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 →TOPへ戻る