保険無料相談で謝礼がもらえるお得モニター!

 20代〜40代でディンクスの場合に考える保険

 

このページでは20代から30代で結婚しており、ディンクスの場合の保険を考える。
※ディンクスとは、共働きで子供を意識的に作らない、持たない夫婦、またその生活観のことである。

 

夫婦共働きであるならば、病気たケガの備えた保障だけでなく、夫や妻が働けなくなった場合の生活費についてリスクヘッジしておく必要がある。

 

もしあなたが20代、30代で結婚していて保険を検討する場合、保険選びのポイントになるのは、
現在の収入をどちらがどれだけ賄っているのかだ。
当たり前のことだが、もし夫が全ての収入を賄っている場合、彼に何かあったら収入が0になりかねない。
また、夫婦共働きの場合も収入が大幅に減る可能性がある。
子供がいない分保障範囲は狭くても問題ないが、夫もしくは妻が現在の収入を賄えなくなった場合を想定し、
最低限の保障は準備しておこう。
また、住宅を購入しようと考える方の多い年代だが、ここも要注意。
片方に万が一があった場合、夫に何かあった場合と、妻に何かあった場合で支払わなければいけない住宅ローン額にも
大きな差がでるのだ。
夫が死亡した場合はローンが免除されるが、妻の場合は残ったままになる。
妻の収入が夫の収入より多い家庭の場合は、とてもリスキーな状況といえるため、
注意が必要だ。
ただし、借入を夫婦ペアで行っている場合は、片方に何かがあった場合は、その分のローンは免除されるのだ。
そのように、ケースに合わせてローンの払い方が変わる為、ローンに加入する際はおかしな商品をつかまされぬよう、
プロに相談するなどして確実なものを選ぼう。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 →TOPへ戻る