グループ保険を有効利用して保険料を抑えよう!

 1年更新で割安な保険料のグループ保険

グループ保険は会社が契約者になって、1年ごとに更新する定期保険。
毎年保険金額を見直せることや、団体で加入するため、個人で保険契約するよりも保険料金が割田種bになるメリットがある。
従業員が死亡した場合には、従業員の遺族に死亡ご献金が支払われる。
保険料は基本的に掛け捨てになるが、剰余金が出た場合には配当金が支払われるため、実質的な保険料の負担はさらに下がるとも言える。
1年ごとに補償を見直していけば必要な補償がある程度手に入るが、加入できる保険金額に上限が設けられていることもあるので注意が必要だ。

 

勤務先でグループ保険がある場合には、自分に必要な保障額を計算したうえで加入し、不足する補償を個人で契約して備えていくのが良いだろう。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 

→TOPへ戻る