出産・妊娠したときの生命保険見直し

出産と生命保険

 

 妊娠・出産のタイミングは生命保険の見直し時期です

 

 

もし妻が一人でお子様を育てなければなからかったら・・・
お子様がまだ小さいうちに夫が死亡した場合を想像してみてください。残った奥様がが1人で子どもを育てることはできるでしょうか?もちろん精神的なショックを乗り越えられるかも問題ですが、気持ちでは乗り切れないのが教育費の問題です。

 

夫が死亡した場合は公的年金制度から遺族年金が給付されたり、妻も働くことになると思いますので、収入がゼロになるわけではありません。しかし、遺族年金と妻の収入だけで妻と子供2人分の生活費を賄うことはかなり厳しいのではないでしょうか。食べていくことはできてもお子様への教育や老後に備えた貯蓄などは手薄になる可能性が高いと言えるでしょう。
貯蓄をしっかりできる予定がない方が保険に加入しないということは、お子様に十分な教育を受けさせられないリスクであったり、妻の老後資金を貯められないというリスクをもち続ける事になります。夫の死後でも、お子様と妻の生活を支るためには、蓄財する以外には保険が唯一の方法となります。

 

生まれてくるお子様の教育資金準備は万全ですか?

 

出産するタイミングは、今後進学、就職していく息子の為に、教育に必要な資金準備を始めるのに最適な時期です。子ども1人が大学を卒業するまでの学校教育費として、幼稚園から大学まで全て公立で約1000万円、すべて私立で約2500万円かかるといわれます。相当お金に余裕がある方であれば保険に入る必要はないかもしれませんが、一般的には大学進学などで苦労をされるケースが多いです。
ではどうすればいいのか?教育費の準備の方法として学資保険を使うという方法があります。
学資保険とは何なのかを簡単に言ってしまうと、お子様が小さいころからコツコツと計画的に貯金をして、高校・大学進学のタイミングで入学費や授業料を受け取ることのできる保険商品の事を指します。
学資保険に加入されている方の多くはお子様が0歳の時に加入をされています。高校、大学進学の時期には多くの資金が必要になりますので、お子様の事を考え早いうちから準備をしておき、いざという時にあわてる事の無いようにしましょう。出産後、育児で忙しくなる前にお子様の人生設計を検討しませんか?

 

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 →TOPへ戻る