就職(社会人)×生命保険

 社会人になったときの保険選びについて

 

 

就職し社会人になる時、一人立ちをされる時は「保険に加入するタイミング」の一つです。
一般的に、社会保険(健康保険、雇用保険、厚生年金保険の3つ)に加入するケースが多いですが、
社会保険だけは様々なリスクに万全ではありません。
国の保障というのは、あくまで最低限の水準になります。(本当に困った時にはあまり助けにならないケースが多いようです)
病気や入院した時、失業した時、何かとお金が必要になった時に、普通に給料をもらっていた頃の生活を維持するのは難しくなるものです。
なので、“国の保障は最低限!!”と認識した上で、必要に応じて備えることが大事になります。
そんな時の為に、民間の保険に加入するが大切になります。

 

まずは、入院した時に支払われる医療保険、事故や病気で長期に働けなくなった時にお金がもらえる保険に入っておくと安心ですね。
国は最低限の保証しかしてくれません。社会人になったら、自分の身は自分で守る事が大事です。保険は自分を守るための武器にもなりますよ。

 

 

今まではご両親の契約で保険に加入されていた方も
ご自身で保険加入をしてリスクヘッジをしましょう。

<就職のタイミングで考える保険>
■終身医療保険

 

■終身ガン保険

 

■終身保険(死亡保障)保険金額500万円

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 →TOPへ戻る