保険無料相談で謝礼商品券がもらえるお得モニター!

 保険会社が倒産したら加入していた保険はどうなるの?

あなたの保険の契約期間は何年間ですか?
保険商品となると契約期間が10年〜20年以上となるのはよくあることです。
それだけ長い期間となると世間にどんな変化が起きてもおかしくはありません。
では、もしあなたの契約期間中に保険会社が破綻した場合、あなたの加入していた保険はどうなるのでしょう?

 

 セーフティーネット「生命保険契約者保護機構」とは?

日本の生命保険会社は例外なく生命保険契約者保護機構に加入をしています。
例えば、ある保険会社が破綻し、その会社を別の保険会社が吸収し救済した場合、破綻した会社が保有していた保険契約は救済した保険会社が引き継ぐこととなります。
なので、救済する保険会社が現れた場合は、問題ありませんね。
では救済する会社が現れなかった場合はどうでしょう?
それで活躍するのが、生命保険契約者保護機構なのです。
生命保険契約者保護機構は破綻した保険会社を救済する会社が現れなかった場合に、その会社が保有している保険契約を引き継ぐこととなるのです。

 

 保険会社が破綻しても契約者に損は一切ないのか

実は損をする可能性は多いにあります。
上記で説明したとおり、保険会社の破綻により保険契約が消滅することはないのですが、保険会社が保険金支払い用に準備している責任準備金は90%しか保障されないため、10%分は状況によって減額されてしまうケースがあります。
その他にも、保険料計算の予定利率などは再計算されるため予定していた保険金額や解約時の払い戻し金は減る場合があります。

 

いくらセーフティーネットとして「生命保険契約者保護機構」があったとしても、契約者が被害を被ることは可能性としてあるということです。
とはいえ、破綻を予期することは不可能なのでこの部分は神のみぞ知るということで、まさに保険トリビア・・・でした。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 →TOPへ戻る