高額療養費制度があれば医療保険はいらないの?

病気やケガで診療をうけた場合、健康保険に加入していれば自己負担分は一定割合で済む。たとえば、小学生から70歳未満の人なら自己負担割合は
3割未満のため、病院で1万円の医療費がかかったとしても、実際の支払いは3千円で済む。
さらに、健康保険には長期入院で多額の医療費がかかった場合でも、1か月あたりの自己負担額を抑えてくれる「高額療養費制度」という制度がある。
仮に100万の医療費がかかった場合でも、自己負担額は9万円弱で済むのだ。
ただし、病院の個室代金や先進医療の技術料などは健康保険の対象外で、全額自己負担となる。
その他、入院中の日用品や家族の交通費など、雑費についても考える必要がある。
また、病気やケガの長期療養で会社を休み、給与がでない場合には、健康保険から「傷病手当金」制度がある。
病気やケガで3日連続仕事を休んだ場合、4日目から標準報酬日額の3文の2相当が、最長で1年6ヵ月支給される。
ただし、国民健康保険にはこの制度はないので、自営業者の場合には注意が必要だ。
健康保険制度を知ることで、医療保険の入院日額や、1回の入院限度日数などを決める際の目安になるのではないだろうか

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 

→TOPへ戻る