離婚した時に生命保険の見直しは必要あるの?

 教育費と生活費の準備を

夫婦の一般的な保険加入形態として多いのは、夫が万一の場合の死亡保障をつけ、
保険金は妻が受け取るというケース。
ほとんどの場合夫が契約者となり、保険料も夫が払っているので、離婚して夫が一人になった場合は、保険金の受け取り人を
変更するだけで済む場合が多い。

 

妻の死亡保障は、自分自身に整理資金として終身保険や、残された夫のために少額の定期保険に加入しているケースが多いだろう。
もし離婚後、子供も引き取って独立した生活を始めるのならば、慰謝料や養育費だけで賄えるとは限らないため、万一の子供の教育費や生活費として死亡保障を備える必要があるだろう。
医療補償の場合は、夫婦がそれぞれ医療保険やがん保険に入っているケースが多く、この場合は各々がそのまま引き続きもっていればよい。
死亡保障のついた医療保険なら、保険金の受け取り人を配偶者にしている場合がほとんどと思われるので、死亡補償の時と同様に保険受取人を忘れずに変更する必要がある。
注意が必要なのは、妻が夫の生命保険の医療特約などで保障を付けていた場合だ。
離婚後は、妻自身があらためて医療保険に加入する必要がある。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。