日常生活に潜むリスクの種類

 日常生活のリスクの種類はどんなもの?

病気やケガのリスク

長期の入院や通院になった場合の費用は?

万一のリスク

家計を支える人が亡くなった場合、残された家族の生活費や教育費は?

老後のリスク

年金だけでは足りなかった場合、老後の生活費は?

介護状態のリスク

年金だけでは足りなかった場合、老後の生活費は?

火災、震災のリスク

火事や地震、津波で家を失ったときの再建費用は?

自動車事故のリスク

人をはねて死亡させてしまった場合の賠償費用は?

 

 身の回りのリスクを知り、リスクに対応した保険を選ぶ

保険を考える際には、そもそも保険は何のために必要なのかを考え、目的にあった保険選びをすることが大切になってくる。
保険の役割の中で一番大事なものは、リスクが起こった場合に必要な費用をあらかじめ準備すること。
そのためには、日常生活にどのようなリスクがあるのかを理解する必要がある。
リスクは大きくわけて「人に関するもの」「物に関するもの」「賠償関係」の3つに分けられる。
それぞれのリスクに対して、公的保障や職場の保障で足りない分は、民間の保険商品で賄えることになる。
だが、保険には様々な種類があるため、保障の目的や保障期間をよく吟味して加入することが重要だ。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 

 →TOPへ戻る