老後の生活費用と介護リスクを考える

公的年金を補完する個人年金税制面でのメリットも

高齢化が進み、年金支給開始年齢のひきあげへの不安から、自助努力での年金つくりへの関心が高まっています。
個人年金保険は、契約時に決めた年齢から年金を受け取ることのできる保険で、退職後、公的年金が貰える時期までのつなぎや、
将来ゆとりある生活をするための資金として利用されます。
個人年金保険の種類には主に「定額型」「変動型」などのタイプがあり、それぞれメリットデメリットがあります。
定額型は、受け取る金額が決まっていて老後の計画も立てやすい反面、資金を大きく増やすことは期待できません。
一方の変動型は保険料を株式や債券で運用するため、受け取る金額が運用次第で変動します。
そのため年金が増える可能性も減る可能性もあります。
とわいえ、最低保障金額を設けている商品もありますのでそのあたりはライフプランに合わせてプロに相談しましょう。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

→TOPへ戻る