労災保険で業務中のケガや病気に備えよう

 業務中のケガや病気も労災保険があるので安心

労災保険は、労働する者が業務上の負傷、疾病、身体障害、または死亡した際に災害補償を施す制度です。
保険者は政府、保険加入者は事業主、保険給付を受けるのは労働者またはその遺族であり、労働者の負担はありません。
仕事に従事している間のケガや病気については、労災保険が適用される。
特に外で仕事をしている場合には、思わぬ事故で負傷するときもあるだろう。
このような時には、病気での検査や治療代金、入院費用などが無料である。
また、障害が残った時や、死亡した場合の補償もある。
さらに、条件を満たせば通勤途中での事項に「よるけがも補償されるのだ。

 

 保険給付内容まとめ

労働者が職務上の事故や通勤中の自己により働けなくなった場合、それを補てんする目的で保険金給付が行われます。
また、労災保険も貰うためには、精神的損害、物的損害にて事業主もしくは労働者に重大な過失のあることが明白である場合は給付が制限されるケースがあります。
職務中の災害は主に5つに分類されます。

  1. 就業中の事故
  2. 作業と因果関係にある事故
  3. 作業の準備段階で起きた事
  4. 始業前、終業後の業務に付随する行為中の事故
  5. 業務のための出張中の事故

 

@療養補償給付
ケガや病気になった際に、病院で治療を受けることができます(現物支給)。
A休業補償給付
働けずお金がもらえない状況になったときに、賃金の出なくなった日の4日目以降から傷病補償年金に切り換えられる1年6ケ月までの間、給付基礎日額の6割分の額が補てんされます。
B障害補償給付
ケガや病気が治ったあとも障害が残る場合はその症状の程度によって年金で支払われる場合ち一時金で支払われる場合があります。
障害等級は第1級〜14級まであり、種類は138種あります。
C遺族補償給付・葬祭料
労働者が死亡した場合に、遺族に対して行われる給付です。
E傷病補償年金
療養を開始してから1年+半年以上経過した日または同日後において、そのケガ、病気が治っていない、もしくは程度が廃疾等級に該当している場合に、その等級に規定された傷病補償年金が支給される。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 

→TOPへ戻る