定年退職時にも保険を見直そう。

 退職後は保険の棚卸をする

 

団塊の世代と呼ばれる世代が退職する一方、55歳から60歳時点で自分の加入してきた生命保険を見直すべきか変えないべきか、そんな悩みにぶつかる人は意外と多い。
退職した時にはいったい何に注意して保険を見直すべきなのか、計画的に考える必要がある。
定年後は、給与収入から企業年金や公的年金へと、収入は大きく変わる為、定年後の暮らしの収入や支出を把握することから始めてみよう。
会社で団体保険に入っていた場合、会社を退職すればそれらの保障がなくなるため、自分が現役時代にがどのような保障をもっていたのか、それらがなくなってもリスクに備えられるのかを把握しておきたい。
もし、老後も公的保障や貯蓄だけでは足りないという事であれば、新しく民間保険で準備をする必要もあるかもしれません。
また、相続対策として、保険金の受取人を子供や孫にした、一時払終身保険を検討していいかもしれない。
受取人を指定できるため、遺産分割対策にも有効である。

 

更新終了するタイミングで生命保険を見直す

 

定年退職のタイミングは多くの方が加入している「定期保険特約付終身保険」が更新満了になります。

 

実はこの定期付終身保険は、更新終了と同時に保障内容がガクンとレベルダウンします。。
数千万もらえる保障だったのになぜ200万円なの?!そんな事態も実際に起きています。
というのも加入時に保険の営業担当者などがしっかり説明していないケースが多いようです。

 

保険会社に所属している営業マンはとにかくノルマに追われている場合が多いため、
自分に不利な情報はあいまいにする可能性があるという事を頭におき、
本当に信頼できる担当者に相談するように心がけましょう。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

→TOPへ戻る