保険と預貯金との違いとは?

 預貯金は三角形、保険は四角形

預貯金がたくさんあれば、万一の時に備えられるのか・・・?
短期間の入院であれば自分の預貯金で賄うことができるだろう。
だが、万が一経済的ダメージの大きさがが自分の限界を超えてしまった場合、
保険に頼らざるを得ないケースも存在する。
預貯金はコツコツと積み立てていけば確実にお金がたまるので、必要であればお金はいつでも引き出して使用することができる。
また、保険にも貯蓄昨日を持った商品があり、毎月保険料を払いこんで積み立てる点は預貯金と同様だが、お金の受け取り方の仕組みが
まるで異なるのだ。
例えばの話、今1000万の保障がほしくなったとする。預貯金で用意するには、仮に毎月10万円ずつ積み立てたとしても8年以上かかるのだ。
一方で保険で1000万円の保障を手に入れるにはどうするのか?
保険であれば、保険料を支払って保険会社との契約が成立すれば、その時から1000万円分の保障が手に入る。
つまり、預貯金は必要な金額を貯めるまでに時間がかかるが、保険であれば契約完了時点からすぐに必要な金額が準備できるのだ。

 

これを簡単な図にすると、預貯金は毎月積み立てる為、お金が徐々につみあがる「3角形型」になるが、
保険はすぐに保障が始まる為「4角形型」になるのだ。
これは預貯金と保険の大きな違いと言えるだろう。

 

 預貯金ではできない学資保険の特徴は?

子供の養育費用を準備するために学資保険を利用する方は多いが、単純に教育資金をためるならば、預貯金だけでも十分だ。
しかし、学資保険には預貯金ではできない特徴がある。
預貯金で教育費用を貯めていると、親に万が一の事があった場合、予定通りの費用を準備できなくなる可能性が高い。
しかし学資保険であればそれ以降の保険料の支払いはなくなり、満期以降になれば満期金や祝い金を受け取ることもできるのだ。
しかし、ものによっては保障内容により、満期保険金が払い込んだ総額よりも少なくなることもあるのでプロに相談するのが賢明と言える。

 

【保険の加入や見直しを検討している方におすすめ!】
保険相談後のサービス改善アンケートへの協力で
合計7,000円のVISA商品券が貰えるチャンス!

保険相談 クオカードプレゼントキャンペーン
※キャンペーン期間限定ですので、リンク先が見つからない場合はご了承ください。
※あくまで保険相談なので、相談意志の無い方の応募はお控えください。

 

 

→TOPへ戻る